プラセンタのサプリは万能

30代の主婦です。毎日家事と育児に追われていてスキンケアの時間が充分にありません。

手のかかる化粧品の利用は一切やめて最近ではオールインワンゲルだけでお手入れしています。

こんな私が注目しているのがプラセンタです。

プラセンタとは馬や豚などの胎盤から抽出したエキスのことで、アンチエイジングへの効果が注目されています。

自分の出産を機に赤ちゃんを作り上げる母体ってすごい!と思うようになり、命の源ともいえるプラセンタを私も取り入れたいと考えるようになりました。

最初はプラセンタが配合されているオールインワンゲルを使いました。

ハリがアップしたのでそれなりの効果は感じましたが、体の外からでは足りないと感じました。

サプリなら手軽にプラセンタを摂取できると思い、ドラッグストアでDHCのプラセンタを購入しました。

これが私には合っていたようで他社のサプリよりも安いのにいろいろな効果が得られました。まず肌がしっとりしてほうれい線が薄くなりました。

鼻の毛穴も小さくなったような気がします。

さらにいつも荒れてかゆかった唇が荒れにくくなりました。

プラセンタは生理不順や更年期障害などにも効くと聞いたので、これからもずっと続けていきたいと思います。

夏場のスキンケアコスメについて

夏場のスキンケアコスメはクール系がいいというものです。

いや、人それぞれ好みは違うでしょうし、今ではどこの部屋もクーラーが効いているというものですけれど、しかしクールで爽快を売りにしているスキンケアコスメってバカにできないんですよ。

やっぱりクール系のスキンケアコスメに比べますと、そうではないスキンケアコスメって、爽快感が違いますから。

夏場に「冷たい!気持ちいい!」という効果を舐めてはいけないというものですよ。

クール系のスキンケアコスメはつけてからややしばらくは、お肌を冷たくキープしてくれますから。

と言いますか、逆にいえばクール系のスキンケアコスメ以外の通常のスキンケアコスメってまったり暑苦しく感じてしまうのが「夏」という魔物なんです。

スキンケアコスメに全く罪はないとはいえ、夏場のスキンケアともなりますと、もう「伸びのいい乳液」のリッチな感触ですら、暑苦しく感じてしまうのです。

そしてだからこそ、夏場のスキンケアコスメはクール系を選んでおいていいでしょう。

コンビニへ行くのにも汗だくになり、帰宅後には顔を洗いたくなる夏場において、クール系のスキンケアコスメは重宝します。

顔を拭くウェットタオルにしてもクール系を選んでおくと助かりますから。

スキンケアはコスメよりも食べ物が大事!?

ダイエットをしていて思うことはといえば、やっぱり「どんなスキンケアコスメよりも食事が大事だ!」ということですね。

いやもう食事制限をしていますと、やーっぱりお肌に影響が出てしまうのですから。

有名なお医者さんも言っている通り、ちょっとぐらい太っている方がお肌の調子はいいのですよね。

いや、そうは言いましてもBMIは「標準」レベルですよ。けれども日本人女性はモデル体型が憧れであり、標準体重ぐらいでしたら、小太り扱いなものですからね。

私にしても体重的には標準体重なわけですけれど、しかし見た目のカテゴリーは「小太り」に分類されると思いますからね。

なのでダイエットをしているわけなのですが、体重以外で如実に何が変わったのかと言われればやっぱり「お肌」なわけですよ。お肌が乾燥しやすくなりました。

おそらく脂が足りていないのでしょうね。

けれどもダイエット中につき、必要以上の油をとっている場合ではありませんから。そりゃあ制限をかけますよ。

そしてまたタンパク質にしましても、ダイエット以前よりは明らかに摂取していませんね。

おそらくそこが原因でしょう。お風呂上がりのお肌の乾燥具合もひどいものですからね。

本当に「肌ってスキンケアコスメよりも食べ物が影響しているんだなー」ということを感じます。

なので最近ではシソ油をスプーン一杯飲むということを始めています。適度な油の摂取は、髪にも肌にも良いようですから。

スキンケアは保湿が一番!パックがおすすめです

スキンケアで何よりも大切と言われているもののの一つが、保湿です。

空気が乾燥している冬はもちろん、冷房や扇風機で気が付いたら、お肌がカサカサなんてことも有りますから、定期的なケアは必要と言われています。

おすすめは、美容パック。とは言っても、わざわざ高価な化粧品を買うなんて抵抗ありますよね。私がやっているのは「いつもの化粧品で集中パック」です。

実は、この方法はエステシャンの方から教えていただきました。やり方は簡単です。

いつもの化粧水をパフにたっぷり含ませて、顔に置きます。目の下や目じりの横、口の周りなど気になるところに貼った後、キッチンにあるラップで顔を覆うのです。もちろん息が出来るように、鼻の穴は確保します。時間は20~30分です。これだけでも、効果は絶大で、次の日のお肌はモチモチとなります。

ポイントは、入浴後でお肌が柔らかくなった時。リラックスしながらソファーに横になって行うのが私のパターンですが、うっかりするとそのまま眠ってしまいます。

いつもの化粧品を少し多く使うだけなので、お財布にも優しいですね。実は私は敏感肌なので、色々な化粧品を使いたくないのです。そんなことを知り合いのエステシャンに相談したら、この方法を教えてくれましたが、おすすめですよ。